ハロウインキャンドル

だいたい、ハロウインってなんなんだ?

というレベルの自分。


でも、こういったものは大好き。しかも、キャンドル好き。

サロンにもバリからのキャンドルが結構あるし、ヒーリングキャンドルなんかも置いてある。


でも、実際に使った試しがほとんど・・ない( ◔ิω◔ิ) 


せっかく綺麗にデザインされているものを崩しちゃったらもったいない・・と思うのである。


セドナでのセッションを受けた際に、キャンドルでの浄化方法を教えてもらった。

大きな長い無地のキャンドルに、浄化したいことや、変えたい習慣などをカービング(彫る)。

そして毎朝、か毎晩、灯して、瞑想しながらどんどん溶けて無くなっていく様子を見るのであーる。


キャンドルのカービングが全て消えた時に、浄化が終了。


で、大きなものを2本購入して、早速やってみよう!と用意したはいいが、

結局2本ともまだ手付かず(笑)


だって、こんなに大きなキャンドル滅多にないじゃん!とまたまた未練たらたらの心情が顔を出すという。

しかも、カービングするのが面倒くさいときたら・・やはり自分の性分には合っていない浄化方法かもしれましぇん・。とほほ。


でも、キャンドルを創る人たちにとっては、どういった心境で製作されるんだろうか?

「美しいものは、その姿を永遠に保てないからこそ、美しいとされるのです」


サロンのキャンドルたちもきっと本当は灯して欲しいのかもしれないな。。