天空SPACEという隠れ家

先日新婚さんがサロンに来てくださって、新婦さんが撮ってくれたこの1枚。

新婦さんはマッサージの生徒さん。


結構気に入ってるです。

うちのスペースに来てくださる方々にとって、ゆったりくつろげる場所でありたいな・・といつも思ってるけど、実は自分にとってもかなり幸せな空間。


隠れ家というには、あまりにも明るい空間かもしれない。

朝陽も昼間の光も、夕陽も、いつもそこに在る・・

そして、宿泊された方にはわかるかもだが、夜は静寂な空気を結構しっとりと感じられる。


どの時間もどの空気も全て自分のように思えるのだよね。


あたしは結構独りの時間が好きで、実は今のこの物質界で生きるのに必要なバイタリティは持っていない方かも知れない。

空気であり、感覚であり、どこか地に足ついてないところがあって、いつもフワフワしているように思う。

だから、きっと、この仕事をしつつ、自分にとって必要なグラウンディングという意識をもたらされているんだろうな。


いったいどこへ向かっていくのだろうか?


ここんとこ巡る思考の中で、とりあえず、ブレない何かを掴もうとしているのである。


こんな感じの店主ですが、どうぞゆったりとしていってください。(笑)